水分とからだの関係。正しく知ってむくみ解消!

むくみは、皮膚の下に余分な水分が溜まってしまった状態です。余分な水分ということですが、人の身体に水分はどうして必要なのでしょうか。

人の身体は60%が水分でできています。水分といっても有機物やミネラルが溶けた液体です。その水分の2/3は細胞の中にあり、残りが細胞の外にあります。血液も半分は液体、つまり水分です。残り半分の主な成分は赤血球で、その赤血球が酸素を運んでいます。栄養成分は液体部分に溶けて一緒に運ばれています。

細胞の外も液体です。きわめて海水に近い成分で、ナトリウムイオンが多く含まれています。その水分が細胞を守り、電解質などの濃度を調整し、栄養成分をスムーズに届け、老廃物などを排出する助けをしています。このように、人の身体にある水分は、生きていくために重要な様々な役割をしています。

続きを読む

足、顔のむくみ予防には効率の良い水分補給を心がける

むくみは、細胞と細胞の間に過剰な水分が溜まってしまうことで起こります。水分が溜まると聞くと、日頃摂取している水分の量が、そのままむくみに関係しているように聞こえますが、一概にそうとは言えません。

水分は身体には必要なもので、摂りすぎても摂らなすぎてもむくむ可能性があります。また、適切な水分量を摂取していてもむくんでしまうことがあります。いったい、摂取する水分とむくみにはどういった関係があるのでしょうか。

続きを読む

お酒(アルコール)を飲むと足や顔がむくむ原因と対策

アルコールを飲んだ翌日はむくみが気になるという人が多くいますが、なぜアルコールを飲むとむくんでしまうのでしょうか。まず、アルコールは血管を拡張させる作用があります。そのため血行もよくなるのですが、血管が拡張することで通常よりも水分が血管の外へ出やすくなってしまいます。

続きを読む

病気の時に役に立つむくみ日記と書き方

夕方の足のむくみや朝の顔のむくみなど、むくみとは身近に起こりやすい症状です。軽いものであれば、対策をすれば解消することも多いのですが、中には重大な病気につながるものもあります。他に不調が起こってから病院に行っても、むくんだ時の詳細が話せないと、状況の把握に時間がかかってしまうこともあります。

どういったことが原因でむくんでいるか、自分では特定が難しいですが、むくんでいると感じたら、そのときとった対策なども含めて日記や手帳にメモしておくのがおすすめです。メモに残しておけば、どれくらいの期間続いていたか、どういったことで解消できたかなど、後で見て役に立つこともあります。

そうはいっても、ただ漠然とメモをとるのでは重要な情報が抜けてしまうことがあるので、ある程度書く情報を決めておく方がいいでしょう。

続きを読む

足や顔のむくみが病気のサイン?

見た目に影響が出るなど女性は特に気になるむくみですが、むくみ発生は身体の不調のサインでもあります。もちろん、夕方の足のむくみや朝の顔のむくみなど、ちょっとした対策で比較的早く改善するむくみがほとんどです。しかし、対策をしていてもむくみがなかなか改善しなかったり、何か他の症状がみられたりする場合には、病気からむくみが発生している可能性があります。

むくみは、身体の水分をスムーズに循環し排出することができていない状態です。健康な状態であれば、身体の様々な働きによってしっかりとバランスが整えられており、むくみを発生するということはありません。どいったむくみであれ、どこかに異常があってむくみが発生しているということを理解しておく必要があります。

続きを読む

Top