原因と対策

むくみ解消で減量できる?足のむくみ解消はダイエットにもなる

ダイエットをはじめてもなかなか見た目にも体重にも反影せず、がっかりしてしまうこともありますよね。ダイエットでは、適度な運動や食事コントロールは必要ですが、以外と見過ごしがちなのが身体の水分についてです。

身体の水分といっても、人の身体は6割が水分で構成されており、この水分は必要な水分です。体液の濃度を調節したり、栄養素をスムーズに届けたり、老廃物をきちんと排出するなど人が生きていくのにとても重要なものが水分です。

しかし、人の身体には余分な水分がたまることがあります。それがむくみです。身体がむくむことによって、見た目も膨らんで見え、体重もその水分によって増えてしまいます。ダイエットを考えるのであれば、余分な脂肪を落とすことももちろんですが、余分な水分も落として効率よくダイエットをしていきましょう。

続きを読む

ストレスを受けるとむくみやすくなる?コルチゾールの働きとは

日常的にストレスを溜めやすい現代人ですが、そういったストレスに対抗するためのホルモンが人間には備わっています。そのホルモンは、「コルチゾール」というホルモンで、抗ストレスホルモンとも呼ばれています。アドレナリンやノルアドレナリンなどと同じ副腎という臓器から分泌されています。

しかし、そのホルモンを過剰に分泌し続けしまうと、ストレスに対抗するどころか、ストレスへの耐性がなくなり、身体の機能へも影響が出てしまう、恐ろしいホルモンなのです。

続きを読む

足のむくみはなぜ起こる?足がむくみやすい理由と解消法

夕方になると足がパンパンに腫れてしまい困っている人は多いかと思います。むくみとは、皮膚の下に余分な水分が溜まって起こりますが、なぜ足ばかりむくんでしまうのでしょうか。

ポイントとなるのは血液循環です。血液は50%は血しょうという液体成分、つまり水分です。血液は、赤血球に酸素をいっぱい積み、水分に様々な栄養素を含ませ動脈を流れます。各組織にたどり着くと酸素や栄養素を受け渡し、二酸化炭素や老廃物を不要な水分と一緒に回収し静脈を流れます。その後、腎臓で不要な老廃物や水分を尿へとかえて、最終的に心臓へ戻っていきます。

行きの動脈では、心臓のポンプ作用で勢いよく進んでいきます。しかし、必要なものを受け渡して戻る際の静脈では心臓のポンプ作用はほとんど失われてしまいます。では、どうやって戻るのかというと、筋肉の収縮による圧力で戻るのです。

続きを読む

腎臓に負担をかけるとむくみの原因に?むくみと腎臓の関係とは

むくみは、スタイルにも影響を与え、気にしている女性は多いものです。朝の顔が腫れていたり、夕方足がパンパンになったりしますが、そもそもむくみとは何なのでしょうか。むくみは、皮膚の下に余分な水分が溜まって腫れている状態です。通常、人は細胞と細胞の間に水分がありますが、そこに必要以上に水分が溜まってしまうことでむくんでしまいます。

身体の水分は、細胞を守ったり電解質の濃度を調整したり栄養分や老廃物の受け渡しを助けたり、人が生きていく上で重要な役割を担っています。身体の6割は水分でできており、人にとってなくてはならないものが水分でもあります。水分は血液の中に含まれ身体全体を巡り、必要な栄養素を受け渡したあと不要な水分は老廃物と一緒に血液に回収されます。その行きつく先に腎臓があります。

続きを読む

水分とからだの関係。正しく知ってむくみ解消!

むくみは、皮膚の下に余分な水分が溜まってしまった状態です。余分な水分ということですが、人の身体に水分はどうして必要なのでしょうか。

人の身体は60%が水分でできています。水分といっても有機物やミネラルが溶けた液体です。その水分の2/3は細胞の中にあり、残りが細胞の外にあります。血液も半分は液体、つまり水分です。残り半分の主な成分は赤血球で、その赤血球が酸素を運んでいます。栄養成分は液体部分に溶けて一緒に運ばれています。

細胞の外も液体です。きわめて海水に近い成分で、ナトリウムイオンが多く含まれています。その水分が細胞を守り、電解質などの濃度を調整し、栄養成分をスムーズに届け、老廃物などを排出する助けをしています。このように、人の身体にある水分は、生きていくために重要な様々な役割をしています。

続きを読む

お酒(アルコール)を飲むと足や顔がむくむ原因と対策

アルコールを飲んだ翌日はむくみが気になるという人が多くいますが、なぜアルコールを飲むとむくんでしまうのでしょうか。まず、アルコールは血管を拡張させる作用があります。そのため血行もよくなるのですが、血管が拡張することで通常よりも水分が血管の外へ出やすくなってしまいます。

続きを読む

Top