むくみ解消で減量できる?足のむくみ解消はダイエットにもなる

ダイエットをはじめてもなかなか見た目にも体重にも反影せず、がっかりしてしまうこともありますよね。ダイエットでは、適度な運動や食事コントロールは必要ですが、以外と見過ごしがちなのが身体の水分についてです。

身体の水分といっても、人の身体は6割が水分で構成されており、この水分は必要な水分です。体液の濃度を調節したり、栄養素をスムーズに届けたり、老廃物をきちんと排出するなど人が生きていくのにとても重要なものが水分です。

しかし、人の身体には余分な水分がたまることがあります。それがむくみです。身体がむくむことによって、見た目も膨らんで見え、体重もその水分によって増えてしまいます。ダイエットを考えるのであれば、余分な脂肪を落とすことももちろんですが、余分な水分も落として効率よくダイエットをしていきましょう。

ダイエットするならむくみ撃退が先

むくみによる水分の増加で、見た目にもむくんでいることが分かるようになるのは体重の5%~10%以上の水分が溜まっているときです。たとえば、60kgの人の場合、むくんでいると63kg~66kgの体重になります。つまり、3kg~6kgもの重さの水分を溜め込んでいるということになります。

この余分な水分がなくなるだけでも見た目がすっきりし、体重も変わってくるのです。もちろん、脂肪へのアプローチも必要ですが、きちんと水分を排出できる身体作りをすることはとても重要です。むくみ解消だけでなく、むくみにくい身体は、血液循環が良く、しっかりと各臓器へ酸素を供給し、代謝を促します。ダイエットをするのであれば、むくみを撃退しておいて悪いことはまったくありません。

厚労省「健康のため水を飲もう」推進運動」(外部サイト)

むくみを解消するなら

むくみを解消するのであれば、まずはしっかり水分を補給することです。余分な水分によってむくむため、一見水分補給はよくないように考えがちですが、身体のスムーズな循環には水分は必要不可欠です。また、尿で出る水分量は1~2リットルもあり、その他汗などでも水分は身体から出ていってしまいます。3リットルも超えるような過剰な水分摂取はむくみにつながる可能性がありますが、1日1.5~2リットル程度の水分はきちんと摂るように心がけましょう。

また、ふくらはぎの筋肉は適度に動かす方がいいでしょう。実は血液の流れは、心臓によるポンプ作用だけでなく、筋肉によるポンプ作用が大きく関係しています。特にふくらはぎの筋肉は「第二の心臓」と言われるくらい血液循環において重要度が高く、ここの作用が弱くなると足がむくみやすくなります。足は重力の関係もあり、血流が滞りがちです。まめに歩いたり、ストレッチをするなどして、ふくらはぎを意識して動かしてみるといいでしょう。

他に効果的な方法は、ミネラルの摂取です。身体に必要なミネラルは16種類ほどありますが、身体の中で作ることはできず食品などから摂取するしかありません。このミネラルの中には、利尿作用があったり、水分バランスを整えてくれる作用のあるミネラルもあります。むくみ解消サプリメントは、むくみに効果的なカリウムやマグネシウムなどのミネラルをバランスよく含んでいるため、定期的に取り入れるのがいいでしょう。通常の食事からも摂取できるものもあるので、バランスの良い食生活を心がけることも大切です。

むくみを解消することで、ダイエットしやすく健康な身体を作りをしていきましょう。

厚労省「カリウム」(外部サイト)

厚労省「ナトリウム」(外部サイト)

Top