トイレの回数を増やしてむくみ解消

トイレ、主に排尿は、誰もが自然に行う生理現象です。身体の維持には体重の約60%の水分が必要ですが、この水分は栄養を届けるためにも、不要なものを排出するためにも使われます。

尿は腎臓で作られています。腎臓で血液をろ過し、不要な水分や老廃物を尿に変えて排出しています。この時、血液中に残すミネラルや水分量を調整しているのも腎臓です。不要な水分や老廃物を排出するための尿ですが、これがスムーズに排出されないと、結果的に水分を溜め込んだり、老廃物をうまく排出できなくなってしまいます。

続きを読む

むくみ解消で減量できる?足のむくみ解消はダイエットにもなる

ダイエットをはじめてもなかなか見た目にも体重にも反影せず、がっかりしてしまうこともありますよね。ダイエットでは、適度な運動や食事コントロールは必要ですが、以外と見過ごしがちなのが身体の水分についてです。

身体の水分といっても、人の身体は6割が水分で構成されており、この水分は必要な水分です。体液の濃度を調節したり、栄養素をスムーズに届けたり、老廃物をきちんと排出するなど人が生きていくのにとても重要なものが水分です。

しかし、人の身体には余分な水分がたまることがあります。それがむくみです。身体がむくむことによって、見た目も膨らんで見え、体重もその水分によって増えてしまいます。ダイエットを考えるのであれば、余分な脂肪を落とすことももちろんですが、余分な水分も落として効率よくダイエットをしていきましょう。

続きを読む

ストレスを受けるとむくみやすくなる?コルチゾールの働きとは

日常的にストレスを溜めやすい現代人ですが、そういったストレスに対抗するためのホルモンが人間には備わっています。そのホルモンは、「コルチゾール」というホルモンで、抗ストレスホルモンとも呼ばれています。アドレナリンやノルアドレナリンなどと同じ副腎という臓器から分泌されています。

しかし、そのホルモンを過剰に分泌し続けしまうと、ストレスに対抗するどころか、ストレスへの耐性がなくなり、身体の機能へも影響が出てしまう、恐ろしいホルモンなのです。

続きを読む

カリウム豊富なコーンシルク茶でむくみ解消

コーンシルク茶とは、とうもろこしのひげの部分を煎ったお茶です。このとうもろこしの「ひげ」とは、とうもろこしの先端部分に生えているひげのような部分で、「柱頭」と言われます。「柱頭」とは受粉に必要なおしべの先端部分のことです。コーンシルクは漢方でも「南蛮毛」という名称で取り入れられています。

続きを読む

足のむくみはなぜ起こる?足がむくみやすい理由と解消法

夕方になると足がパンパンに腫れてしまい困っている人は多いかと思います。むくみとは、皮膚の下に余分な水分が溜まって起こりますが、なぜ足ばかりむくんでしまうのでしょうか。

ポイントとなるのは血液循環です。血液は50%は血しょうという液体成分、つまり水分です。血液は、赤血球に酸素をいっぱい積み、水分に様々な栄養素を含ませ動脈を流れます。各組織にたどり着くと酸素や栄養素を受け渡し、二酸化炭素や老廃物を不要な水分と一緒に回収し静脈を流れます。その後、腎臓で不要な老廃物や水分を尿へとかえて、最終的に心臓へ戻っていきます。

行きの動脈では、心臓のポンプ作用で勢いよく進んでいきます。しかし、必要なものを受け渡して戻る際の静脈では心臓のポンプ作用はほとんど失われてしまいます。では、どうやって戻るのかというと、筋肉の収縮による圧力で戻るのです。

続きを読む

着圧ソックスを選び方と正しい履き方

足のむくみを気にする人は多いですが、そんな時に手軽に利用できるのが着圧ソックスです。適度に圧力をかけることで、血液循環を促しむくみを解消してくれます。利用している人も多く、サイズや圧力、デザインなど様々なタイプの着圧ソックスが販売されています。

着圧ソックスは、もともとは医療用として使用されていました。下肢静脈瘤や深部静脈瘤血栓、リンパ浮腫などの予防として、足の筋力ポンプ機能をサポートするために考えだされました。その後、足を綺麗に保ちたいという女性のニーズと合い、一般的にも利用されるようになりました。

医療用の「弾性ストッキング」

現在でも医療用の着圧ソックスは存在しています。医療用のものは「弾性ストッキング」といって、市販の着圧ストッキングよりも圧力が強めに作られています。医師の診察が必要で、サイズや使用方法など医師の指導を受けて使います。

医師の指導を受けて使うものなので効果は出やすいのですが、圧力も強く作られているため安易に利用すると症状が悪化してしまいます。ネット通販などで購入できるケースもあるようですが、自己判断で勝手な使用はせずに、必ず医療機関へ受診して、医師の指導のもと使用するようにしましょう。

選ぶポイントは、自分に合ったサイズと圧力

様々な着圧ソックスが販売されていますが、選ぶポイントはサイズと圧力です。

特にサイズはとても重要です。着圧ソックスは、血液循環を促すために必要な圧力を計算して作られています。サイズが自分に合っていないと、効果が期待できなかったり、圧力が強すぎてかえって血液循環を阻害してしまうケースもあります。

購入する際は、パッケージに足首周囲や身長などの参考サイズが記載されているので、きちんと自分のサイズを測定してから選ぶようにしましょう。

圧力の強さもソックスによって様々ですが、基本的には足首が圧力が高く、上に行くほど圧力は下がる作りが正しい着圧ソックスです。足首からふとももへかけて圧力を変えることで、圧力が高い方から低い方へ血液を流すよう作られています。

きちんとどの部分にどれくらいの圧力がかかっているか確認して、ただ締め付けるだけのソックスを購入してしまわないように気をつけましょう。目安としては、足首が20~30hPa以下、ふくらはぎが10~20hPa以下、5~15hPa以下のものが一般的です。

最終的には、着用してみて自分に合ったサイズや圧力か判断しましょう。着用している中で痛みや冷えを感じるようであれば、サイズや圧力が合っていない可能性もあります。そのまま着用を続けるとかえって血流を阻害しむくみを悪化させてしまうこともあります。

履き方と着用時間

着圧ソックスは、基本的に伸縮性に乏しいものが多く履きにくいのが特徴です。履きにくいからといって、力任せに乱暴に着用してしまっては、正しい場所に正しく圧力がかからず逆効果となりかねません。足首から順番にシワを伸ばすようにゆっくり着用してしっかりと正しく着用するようにしましょう。

また、むくみを解消したいからといって長時間、着圧ソックスを履き続けるのは逆効果な場合があります。あくまでふくらはぎの筋肉ポンプを助けるものであることを理解して、着用時間を決めて使用するのが効果的です。就寝時に使用する場合も、就寝時用の着圧ソックスにするなどして、過度の圧力がかからないようにしましょう。

着圧ソックスは便利で手軽なむくみ解消グッズではありますが、本来はふくらはぎの筋肉の働きによって血液循環が行われます。時には着用しない時間を作ることでふくはぎの筋力ポンプを活用し、血液循環の機能を低下させないようにすることも大切です。

足や顔のむくみ解消にはサプリメントがオススメ

むくみを気にしているという人は多く、むくみ解消法もたくさん紹介されています。その中でもサプリメントの摂取は手軽に取り組むことができるので、むくみが気になる人は一度は利用したことがあるかもしれません。

むくみ解消サプリメントは、カリウムやマグネシウムなどのミネラルをバランスよく含んでおり、むくみ解消に効果が期待できます。食事からも摂取しやすいミネラルですが、様々なミネラルを一度に摂取できるのはとても魅力的です。

続きを読む

むくみ解消サプリメントを飲むタイミングとは

日頃、顔や足のむくみが気になる人は多いかもしれませんが、むくみ解消サプリメントを使うことで手軽にむくみ対策ができます。

むくみ解消サプリメントには、むくみに効果的なミネラルがバランスよく配合されています。ミネラルは生き物の身体に欠かせない物質で、人間に必要とされているミネラルは16種類あります。その中でも液体に溶けると電気を通す物質を電解質と呼び、生命の維持にとても大きく関わっています。この電解質は、ミネラルの中でも5大栄養素としてあげられます。

そういったミネラルをバランスよく含むのがむくみ解消サプリメントです。主によく含まれるのが「カリウム」で水分バランスを整えます。「マグネシウム」は利尿作用もあり、筋肉の働きをサポートし、血液やリンパの流れを整える働きがあります。こういったミネラルを定期的に摂取することで、むくみ解消が期待できます。

続きを読む

足や顔のむくみ解消にカリウムが効果的なワケ

むくみは、細胞と細胞の間に過剰に水分が溜まってしまうことで起こります。身体にある体液はミネラルなどを含み、その濃度は厳密に調整されています。濃度が低くても高くても細胞は生きることができず、この調整は生命維持にはかかせません。

ミネラルは身体に必要な無機質のことで、体内で作ることができない物質です。そのため食物などから摂る必要があります。身体に必須となるミネラルは16種類で、その中でも液体に溶けると電気を通すものを電解質といいます。

続きを読む

腎臓に負担をかけるとむくみの原因に?むくみと腎臓の関係とは

むくみは、スタイルにも影響を与え、気にしている女性は多いものです。朝の顔が腫れていたり、夕方足がパンパンになったりしますが、そもそもむくみとは何なのでしょうか。むくみは、皮膚の下に余分な水分が溜まって腫れている状態です。通常、人は細胞と細胞の間に水分がありますが、そこに必要以上に水分が溜まってしまうことでむくんでしまいます。

身体の水分は、細胞を守ったり電解質の濃度を調整したり栄養分や老廃物の受け渡しを助けたり、人が生きていく上で重要な役割を担っています。身体の6割は水分でできており、人にとってなくてはならないものが水分でもあります。水分は血液の中に含まれ身体全体を巡り、必要な栄養素を受け渡したあと不要な水分は老廃物と一緒に血液に回収されます。その行きつく先に腎臓があります。

続きを読む

Top